HOME News Magazine Column Life&care Present shoplist About
ぐらんわんのコーナー1 Home >News >インターペット2016レポート ぐらんわんのコーナー2

インターペット2016 突撃レポート

初回から出展しているぐらんわん!編集部も今年も参加し、2日目の4月1日、メインステージに登壇。「のばせ!健康寿命、めざせ!アクティブシニア犬」というテーマで発表しました。

ぐらんわん!からは、ペットケアマネージャーでペットケアサービスレッツ代表三浦先生、獣医師でフィルウ代表紺谷先生、理学療法士でDVMsどうぶつ医療センター横浜勤務の石黒先生というお三方を迎え「介護のないシニア期を目指す」ことを目標に飼い主が愛犬とどう過ごすかについてトークセッションを行いました。

 

インターペット2016

 

ステージでは、愛犬のADL(日常生活動作)について日頃から観察し現在の状態をチェックするADLチェックを発表。20問の質問にあてはまる項目の点数を足していき、100点満点の合計スコアから算出する編集部オリジナルのチェック表です。スライドでは、チームぐらんわん!メンバーに協力してもらったADLチェックを例に挙げ、個々の状態をチェック。会場に集まった聴講者にもその場でADLチェックに参加してもらった結果、大半が合計スコアが80点以上の自立レベルとなりました。

 

インターペット2016

 

このように、評価項目別スコアで弱点となっている動作を把握できた後は、健康寿命をのばす7つの習慣について各先生方からお話しがありました。

 

インターペット2016

 

普段の散歩で筋トレを取り入れることを提唱する三浦先生。

 

インターペット2016

 

シニア期は、量より質が勝負の食事を説明する紺谷先生。

 

インターペット2016

 

毎日同じ動作をすることで、日常の管理や変化をみることを提唱する石黒先生。

「今日できたことは、明日もやろう」を心がけることで1日1日を大切に過ごしましょうという結びでステージは終了しました。

ステージ後、ぐらんわん!ブースに「ためになりました」「自分にもあてはめて、明日から運動します」などいろんな声をかけていただきました。ありがとうございました。

ステージを聴講できなかった方も、最新号VOL.31に記事を掲載していますので、是非お手にとってください。

 

 

1 < 戻る  次へ > 3

 

 

 


ぐらんわんのコーナー4   ぐらんわんのコーナー3
  • チェック