HOME News Magazine Column Life&care Present shoplist About
ぐらんわんのコーナー1 Home >News > ぐらんわんのコーナー2

犬に名前をつける日
 「犬の幸せはどんな人と出会うかで決まる。」愛犬を亡くした傷心のテレビディレクター久野かなみ(小林聡美)は、映画監督の先輩に促されて「犬の命」をテーマに映画を撮り始める。
 愛護センターや保護団体を取材するにつれ飼育放棄や殺処分される犬猫を目の当たりにし大きなショックを受けながらもカメラを回し続ける。東日本大震災をはじめ監督自身が実際に取材したドキュメンタリー映像と女優小林聡美が演じるドラマが融合された映像からは「動物好きだからこそできる何か」に対するひとつの答えを見いだしている。
107分。シネスイッチ銀座ほか順次公開。

[小林聡美さんコメント]

この映画には「動物に幸せになってほしい」という想いが込められています。最初、動物保護センターに行ったときは悲惨な現状に心を痛めましたが、そこで動物たちの命を救う人たちもいっぱいいることに希望を感じました。この映画を観ていただき、動物と人間の関係を見直すきっかけになれば嬉しいです。

[山田あかね監督コメント]

4年の歳月を経てやっと完成しこの日を迎えることができました。ちばわんさんや犬猫みなしご救援隊のみなさんのように一匹でも救えるんじゃないかと行動することで少しずつ世の中は変わっていくと想います。この映画は希望の映画でもあります。多くの人に観てもらえることを願っています。

 

 


ぐらんわんのコーナー4   ぐらんわんのコーナー3
  • チェック