HOME News Magazine Column Life&care Present shoplist About
ぐらんわんのコーナー1 Home < life care < habit ぐらんわんのコーナー2

お散歩で筋力アップ。
老犬・シニア犬の足腰が弱くなってきたサインを見極める。

犬も年をとると足腰を意識した生活を送らないと衰えてきます。毎日のお散歩で筋力アップし、いつまでも歩ける体作りをしていきましょう。まずは、足腰が弱くなってきたサインを見極めます。

  1. 
足を突っ張って歩いている 

  2. 足を引きずっている音が聞こえる 

  3. バック・Uターンができない 


などのサインを愛犬が送っていたら、まずはかかりつけの獣医さんに相談しましょう。炎症などがおさまり獣医さんの了解が出たら、筋力アップで鍛えていきます。

坂道で運動する
坂道を登るときは、後足を伸ばす筋肉を、下るときは、前足の強化に繋がります。なるべく土手など柔らかい地面を利用しましょう。

砂浜で運動する
砂の上を歩くことは、背中、骨盤などのゆがみを調整し全身のバランスを整えることに繋がります。

 

坂道運動

砂浜運動

 

草の上を歩かせる
※草アレルギーの犬は避けてください。

10センチくらいに伸びた草の上を歩かせると、意識的に足を上げてまたぐように歩きます。モモアップ運動で筋力アップ。

縁石や植え込みなどの壁際を利用する
足を伸ばして座る犬は、股関節が弱い可能性があります。股関節周りの筋力をアップして、関節への負担を軽減するためには、足をきちんとたたんで座る練習が効果的です。

お散歩の時は縁石や植え込みなどに平行に犬を立たせ、『お座り』『立って』を数回繰り返します。一つの動作に4秒ほどかけてゆっくりと動かすのがコツです。壁際を利用することで足をV字に伸ばしにくくなり、きちんと座りやすくなります。

寝たきりの犬はお手でトレーニング
後足が不自由でも、『お手』をすることで、腹筋などのトレーニングになります。カートなどで外に連れ出し、日光浴をしながらプチトレーニング。わんちゃんも飼い主さんも楽しみながら動くことが大事です。

 

草トレーニング

寝たきりのお手

監修:伊藤 みのり
ジャパンペットケアマネージャー協会ペットケアマネージャー、動物介護士、動物自然療法協会老猫・老犬介護アドバイサー、など多数の資格を持つ。
ペットケアサービスLet’s所属。
http://j-petcare.org/lets/
ぐらんわんのコーナー4   ぐらんわんのコーナー3

 

ぐらんわん!小手型関連記事


お散歩の仕方を変えよう
習慣
お散歩の習慣を
変えよう

犬も老犬・シニア犬になると、おしりの筋肉が落ちてきます。伸ばす方の筋肉が先に

→続きを読む
老化のサイン
習慣
愛犬の性格チェック!
将来、頑固わんこに ?

犬も老犬・シニア犬になると、おしりの筋肉が落ちてきます。伸ばす方の筋肉が先に弱ったり

→続きを読む
  • チェック