HOME News Magazine Column Life&care Present shoplist About
ぐらんわんのコーナー1 Home < GAH ぐらんわんのコーナー2

ハイドロセラピーで健康管理
ーアルマ動物病院 長谷川承先生

GAH

今回は、ぐらんわん!読者から推薦があった「アルマ動物病院」をご紹介。東京・世田谷にある閑静な住宅街にプールがあり、獣医師初のJPHHA公認のハイドロセラピストであり同協会の副理事長を務める長谷川承院長をはじめ、JPHHA公認ハイドロセラピストの獣医師、動物看護師がいる動物病院だ。

ハイドロセラピーとは、水の抵抗力や浮力を利用し、体に負担をかけず無理なく体を動かす事。手術後のリハビリ、股関節等のトラブル、散歩不足によるストレスを解消、健康維持、老犬やダイエット、更には美容目的にまで幅広く応用される動物理学療法のひとつ。使用機材には、①ハイドロボルテックスプール ②アクアトレッドミル ③ハイドロアロマティックスパの3種類があり症状によってセラピーを受けられる。また、病院では健康管理を重視。手作り食の指導をはじめ栄養相談、体格診断も行っている。他にも糖尿病をはじめとする内分泌疾患や循環器疾患、レーザー治療など内科・外科ともに治療を受けられるのが特徴だ。長谷川院長にお話しを伺った。

「ハイドロセラピーとは、体に負担をかけずにできるトレーニング。ひきずって歩いていた犬に、足を動かす記憶を呼び起こしたり、ダイエットにもなります。時々、ウチのコは泳げないんですという飼い主さんもいますが、基本的に犬は泳げる動物なので心配いりませんし、セラピストの認定を受けている獣医師や動物看護師が一緒にプールに入るので安心です。
但し、どの犬でも受けられるわけではなく、心臓の疾患がある場合や腫瘍(ガン)のある犬は水中でのセラピーは危険ですので必ず診察を受けてからにしましょう。

また、ハイドロセラピーだけ受けて食生活が良くないと意味がありません。運動面と食事面のトータルケアが不可欠になってきます。市販のフードは年齢で区切りシニア用となっていることが多いですが、本来はその犬の体格によって判断すべきなんです。シニア期に入って腎臓を患っていないのに、タンパクを制限したシニア用のフードを何の疑いもなく与えている飼い主さんも多いはずです。本来の健康管理の意味を深く知ることによって、元気な体を手に入れられるんですよ。」

アルマ動物病院 東京都世田谷区中町4-24-18 03-5758-6658
http://www.alma-ah.com

(本記事はVOL.7 2010.4の情報です)

 


ぐらんわんのコーナー4   ぐらんわんのコーナー3
  • チェック